> > マクドナルドと僕

マクドナルドと僕

マクドナルドと僕
マックネタでもうひとつ…

僕らが小さかった頃のマックには
『スマイル 0円』なる表示が
メニューボードの隅っこに書かれていた。
(確か数年前廃止になってニュースになった)

当然クソガキだった私も友達とマックに行けば
『スマイルひとつ下さい(笑)』と
日本中のクソガキと同じ様に店員さんを困らせた…

苦笑いをしてくれた若い女性と
「今売り切れ中で…(困)」と
めんどくさそうにあしらった男性のコトは
今でも覚えている…


さてさて…
もうひとつ忘れられないマックがある。

弊社がまだ雑誌通販をしていた2000年前後…

まだ「納品書」も「ヤマト便送り状」も手書きで
店番をやりながら配送業務をやるとなると
1日50件以上出荷するのは至難の技で
帰りはほぼ毎日0時頃になった時期があった…

残業前に晩飯を喰ってる暇も無く
100円マックでハンバーガーを山程買ってきて
バイト達とバーガー片手に残業するのが常だった…

そんなある日、私がマック当番の日…

私 「ハンバーガー20個…」
店員 「こちらでお召し上がりですか?」
私 「( -_・)? 持帰りで…」

いやいやいやいや…
ウソだろ? 20個俺がここで喰うか?
ちょっと考えろよ、マニュアル野郎!

正直当時のリトル伊藤はそう思った。

今でも「マニュアル」ってワードを耳にすると
必ずあの晩のマックを思い出す。
若い頃は「マニュアル」って聞くと
あまり良くない、面白くないイメージで
どこか『金太郎アメ』的な…

ただ今になってはマニュアルがなければ
『基準』も曖昧になってしまう事ぐらい
当然分かっていて…

マニュアル通り出来る=100点
マニュアル通り出来る+α=120点
マニュアル通り出来ない=80点

基準がなければ上司の気分で評価がくだる…
そんなことはあってはならんね(涙)

そーいえば…
「スマイル下さい」の対応マニュアルって
どうなっていたのか…?
結構バイト達は嫌な想いをしただろうに…


7,8年前にあれやこれやで転落したが
カナダ人スーパーウーマンが社長に就任し
超V字回復を遂げた僕らのマック♪

トゥルットゥトゥ〜♪
I am loving it!

(ベーコンポテトパイは終了しました)