> > OSJ奥久慈トレイルレース2019

OSJ奥久慈トレイルレース2019

OSJ奥久慈トレイルレース2019
週末は『奥久慈トレイルレース(61.5km)』

何が厳しいか?って…
そりゃ前日が飲み会だからだよ(笑)

土曜日夜は浅草キボンにて
ATHLETAボスによる「踊る ふくおか御殿♪」

超!お取引先様を向かいに並ばせて
酔っ払ったのをいいことに
これでもか!これでもか!とイジリ倒す…(涙)
「お前、羽生ゆずれない、な。」
「お前、にゃんこスターに超似てる!」

隣に座らされる私とATHLETA長岡さんは
超お得意様達がイジラレ倒されるのを
何とか食い止めたいがボスの破壊力が半端なく
おそらく来年以降ブランドチェンジが濃厚…(涙)

「ちょっと今日は酔っ払ったんですけど
今後ともよろしくお願いします!!」と
最後に握手さえすれば全部チャラになるのか?
皆と握手して「超おもしれー」と言いながら
ボスは浅草の街に消え、宴は21:30に御開き…

その後トレイルキャンプ2号にハンドルを託し
指導者方を浦和各地に送り届けて23時自宅到着。

「1時間半時間くれる?」と
トレイルキャンプ2号を外に残して
シャワーを浴び荷物をまとめて
ソファーで30分だけ眠ってから車に乗る…

サービスエリア等で携行品の準備をしながら
5:00にスタートラインに立つ…

「今回初めて奥久慈走る方は完走は難しいので
何とか第二関門(26km)目指して下さい」と
『そんな大会あるか?』な主催者挨拶でスタート。

スタートから3時間程度は良かったが
そこから主催者の話を理解する事になる…

厳しい登り下りの連続に前半17kmで心折れて
『奥久慈に完敗、とりあえず第二関門まで歩く』と
サポート隊のキャンプ2号に9時過ぎにLINEを送る…

とにかく今回は眠気も凄くて
歩いていても寝てしまいそうになり…
足を踏み外すとヤバい崖の連続の為に
少し寝る事を決意する…

座って寝ていると他のランナーから
『大丈夫ですか!?』と心配されるのが嫌なので
額を木に押し当ててストレッチしている風に
立ったまま5分程度寝ながら前に進む…

両脚も大腿部から足の裏まで
とっくのとーに痙攣していたが
『お前はこの状況からどれだけやれるんだ?』と
痛み止めを4時間毎に飲み
川では頭から水をかぶり
腕をつねりながら眠気を覚まし
頬を叩きながらの我慢比べは10時間に及んだ…(笑)

後半30kmは制限時間との戦いになり
アドレナリン出まくりの状態で
歩く事なくほぼ走った…

ゴールは13時間35分(制限時間25分前)
暗くなり始めて19時を少し回っていた。
コースの記憶はほぼ無い。
その日の晩は久しぶりに金縛りにもあう。

おそらく参加した脚自慢600名のうち
今回も半数はリタイヤしたはずだ…(笑)
今日は両足が良く頑張ってくれた。

次は月末「スパトレイル四万草津(72km)」
もう絶対前日は呑まないで寝よう。