> > 2017年6月

2017年6月

rss

件数:5

高校総体県予選観戦記@埼スタ
こんにちわ!
今週は『夜なら明るい中島』がお届けします。

まずは昌平高校、浦和西高校
総体本戦出場おめでとうございます!!

-7/24土曜日。全国への切符をかけた、準決勝。
決戦の舞台は埼スタ第3グランド。

フッパー浦和美園店から会場までは10分…
お昼抜け出し
昌平高校 対 浦和学院高校の前半だけ観戦。

...先ず今更ながら驚いたのが、
応援している部員の数...そして保護者の方々...
埼スタの壁にはじかれる大きな歓声に少し
感動しながら見ているとさすがベスト4の試合内容。

北海道の弱小校(部員9名…)に所属していた中島の
それとは比にならず…。
センターバックのロングフィードに虹が見えた。。

先制点は昌平高校。ゴール前固めていた守備陣を、
早いパスワークで崩して
先制点。…うまいなぁ…。

前半途中で観戦記は終わったけど
全国でもサッカーどころ埼玉の力を
発揮して頑張っていただきたい。
Boa sorte !! 埼玉県代表!!
小学生探訪〜STAFF宮路<ガム〜
みなさんお待たせ致しました!
え?…待ってない?

今週は、浦和美園メンバー「とにかく明るい宮路」の
出番ですよっ!

フッパー浦和美園店では、毎年この時期になると、
ちびっこ探検隊(浦和美園小2年生)がやってきます。

今年は私、とにかく明るい宮路が探検隊の
サポート役に任命され、
店内のご案内や、ちびっこ探検隊からの
鋭い質問にお答えしました!

浦和美園小の2年生は、すごく目の付け所がよく、

「サッカーシューズは、なんで靴底が
ボツボツしているんですか?」

「サッカーユニフォームの生地は、
なんでツルツルしているんですか?」等、

素晴らしい質問がどんどん飛んできて、
関心しました!

…ちなみに、探検隊が一番興味を示していたのが、
入口にあるガムのゲーム!

サッカー関係なくなっちゃったよ!笑

こんな感じで、フッパー浦和美園店は地域の
ちびっこにも愛されるお店を目指しています!笑

みなさんも一度、探検しにいらしては
いかがでしょうか?

とにかく明るい宮路がQ&Aにお答え致します。
心よりご来店お待ちしております!
もうひとつの絶対に負けられない戦い
お店の電話で『伊藤さんいますか?』と言うと
『どっちの伊藤ですか?』と
聞き返された経験ありませんか?

どーも美園店2代目店長の伊藤ノブです。
今後時々出てきますのでお願いします。

いよいよ、本日W杯最終予選対イラク戦!!

ハリルも「重要という言葉以上に重要になる」と
語っているようにこの一戦は残りの試合を考えても、
負けるわけにはいかないのである。

この大事な試合で香川の代わりに
10番を付ける乾にも期待したいが


個人的に期待しているのが・・・


安定感抜群のセービング
『 GK 中嶋(カワシマ) 』


鋭いオーバーラップとスライディング
『 DF 原朋(ナガトモ) 』


唯一無二の絶対的エース
『 キング ヤス (カズ)』      


????? なんだかものすごい違和感が・・・
ナカシマ?・ハラトモ?
・・・キングヤス? 


あっ! 

いつの間にかフッパーイレブンの話になっている。

実は、本日われらがフッパーも
絶対に負けられない戦いが渋谷にあるのです。

                          
勝利に向かってみんなで頑張ろう。


結果はまた後日。
〜スポーツシューフィッターのいるお店〜
今回はシューズマイスター
原ちゃんよりお届けいたします。

先月、【スポーツシューフィッター】の資格認定
講座を受講し、見事合格しました!!
1日8時間×2日間会議室にこもり、シューズの事
やら、足の事やら、関節の事やら、インソールの
事やら…多岐に渡りみっちりお勉強。
受講者の中には病院の先生や、技師装具士の
人だったりと…内容はマニアックすぎてすごく
レベル高いね…(それでも私が受講したのは
一番下のレベル)

これを持っているとどうこうという訳じゃなく、
ただお客さんに正しいシューズを購入してもらい
たいと思ったのがきっかけでして…
シューズの知識だけでなく、
【足のことにも知識がある人】になりたいと
思いましたの。

今思うと、子供の頃は、【靴の履き方】なんて
ちゃんと教わったことなかったな…
すぐ大きくなるから、大きいサイズでひもを
ぎゅーっと閉めて、かかとがパコパコの靴を
履いていたっけな…これじゃ早く走れないし、
ケガしちゃうよね…
むしろちゃんと教わった事ある人いるのかな??
それじゃぁ、現代人がかかえる足の問題が
多発するよね…
子供の頃からちゃーんと意識しないと。

次回DIARYより少しずつ、靴の歴史やら足の事やら
幅広く書いていきたいと思いまーーーす。

~~
はじめて米作りを知った私たちの先祖。
未明の月が、夕べの月が働く彼らを照らした
足にはく、田下駄を照らした。
二千年たった
月は変わらない 夜空を渡って地上を照らす
だが、その月には人間の足あとが、宇宙靴の
足あとが残る。
---田下駄から宇宙靴まで---
人間と共に、はきものも、そのながい歴史をもつ
履物の歴史は進み続けるが、履く側の歴史も
進歩し続けていきたいものである。

【日本はきもの博物館】の入り口にある
メッセージより。

私たちが足元を照らす月明かりの存在に
なることを願って…

願えばかなう(カヌー)!
今回よりDIARYをリベロに代わりまして、
当番制で書いてまいります。

今回は「夜なら明るい中島」がお届けします。

―ナイジェリアにヌワンコ・カヌーがいるならば、
フットボールパークにもカヌーがいる―。

我らがパークのボス(リベロ)が
「カヌーでディズニーいってくる!」と心に決めてから
ついに、ディズニーの国へ到達した。

2013年 熊谷→桶川(1回目)
2014年 嵐山→大宮(2回目)
2015年 大宮→小菅(3回目)
2017年 小菅→舞浜(今回)
※舞浜へは着いたものの夢の国への入国審査は通らなかった模様。

カヌー走破距離 のべ約90キロ
90キロを手の力だけで走破。
やっぱりやってみると決めてから、実行するのって大事!
あきらめなければ願いは叶う!

さぁ次はリベロだけじゃなく、社員全員でフルマラソンだ!

0から1までの距離は、1から1000への距離より大きい。
―ユダヤの格言